2010年03月22日

いろとりどり a(fukushima)

もう桜も咲き始めて、すっかり春に。
連休最後の日は、ひさしぶりにキリンジを聞きながら平岡珈琲の珈琲を。

連休のあいだに用事があって母校へ。
お天気もよいから、高台にある大学は空がひろくてとてもきもちよかった。
鳥のさえずりに沈丁花の香りがただよう。チャペルから響く鐘の音を聞きながら
大学の中でふらふらしているのが好きだったことを思い出した。

用事を終えて大阪へ出る。来るたびにビルがなくなっていたり、高くなっていたり驚く。
せっかくなので、久しぶりに堀江まで御堂筋を歩いた。

途中、エフスタイルの靴下を買いに南船場のdieci(http://www.dieci-cafe.com/)に立ち寄る。
このゴムを使用していない靴下をはきはじめたら
ほかの靴下がはけなくなったほど履き心地も抜群。
あまりの大阪のあったかさにつられて綿のニットも。

そのまま南へ。ちょうちょにたどりつく。お店には御堂筋ですれ違いざま眼があった方が。
ちょうちょぼっこでお世話になっている夏のあくびさんだった…。すごいね。大阪は。

夏のあくびさんが持ってきてくださったので
ちょうどこの日から吉田省念と三日月スープのアルバム「RELAX」を取り扱い開始。2000円です。
ライブを見れなかったのがやっぱり残念ですが
YouTubeにちょうちょぼっこでのライブの様子があがっています。
http://www.youtube.com/watch?v=UwNPtXxqk_k
http://www.youtube.com/watch?v=p8v_5Y6eSks

夏のあくびさんのご紹介でまたどなたかのライブをするかもです。





posted by chochobocko at 11:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

お手紙 f.(tugita)

mondo1.jpg
糊こぼし椿

mondo2.jpg
みもざ

先週、堺の主水書房さんで行われている「手紙を書くためー手紙を書く為の灯りの提案とその周辺」に行く。
オリジナルレターセットや、ペンとインク、クーピーペンシルなどの文房具が用意されていて、並べてある文机の中から好きな場所を選び、手紙を書く。それぞれの机に一つづつお花が生けてあり、私が選んだ場所にはたまたま最初生けられてなかったので、少し珍しい椿を生けて下さった。赤色の花弁に、糊がこぼれた跡のような白い斑(まだら)模様が入っていることから、糊こぼしというそう。でも、このときのは、白に赤の模様が入っているようだったので、更に珍しかったのでしょうか。
お庭を見ながら手紙を書くのは、とても優雅な昼下がりで、こんな暮しができたらと思う。
明日、22日まで。詳しくは、http://www.mondebooks.com/

大阪天神橋のの時色では、お手紙運動が行われているようです。
http://www.ac.auone-net.jp/~tokiiro/

posted by chochobocko at 18:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。